佐賀県白浜農産「白米さがびより」

【現在料名】
・原材料    単一原料米
・生産者    佐賀県 白石 白浜農産
・品種     佐賀県産さがびより
・タイプ    白米
・生産年度   2021年産
・量と目安   3合(6杯)、2kg(12合・24杯)、5kg(30合・60杯)

 

¥490¥3,700 税込

クリア
商品コード: 該当なし カテゴリー: , タグ: , , ,

説明

<お米の特徴>

橋本の地元佐賀県のホープ品種、「さがびより」がほぐれブレンドの#001に登場。ほぐれおにぎりスタンドでも握っている、大粒で弾力があって、ツヤもあるのが特徴。このもっちり弾力の快感を知ってしまうと、なかなか普通のお米に戻れない。。。弾力食感派が育ってきた今に刺さる食べ応えとなっている。甘さは強くなく、標準。白浜さんは、栽培過程の水加減で甘みではなく、さがびよりの大粒弾力のポテンシャルを最大に生かす方向に舵をきった。お米だけを食べるのに十分な食べ応え、カレーやタレが絡んでも、ちゃんとお米を感じることができます。

<生産者  佐賀県白石・白浜農産 白浜学さん>

白浜さんは、農協に卸すためのお米作りではなく、お客さんの「食べたときの美味しさ・安全」が、お米作りの指針です。お米の値段付けは、粒の大きさや形などの「見た目」が大きな要因となって価格が分けられるため、化学肥料や農薬を多く使っている農家さんも多くみられます。白浜さんのさがびよりは、日本で最も出品数が多い米・食味分析鑑定コンクール国際大会で特別優秀賞を受賞しています。それは、「食べたときの美味しさ」で勝負したい白浜さんの一つの証明です。地方に行くと、「かわいそうだなー。ここの田んぼに今水をあげたい」と白浜さんは田んぼチェックをしているそう。(と奥さん証言)美味しいお米を作ってもなお、さらにもっと美味しく、また近隣の農業仲間ごと、お米農家の未来を創っていく、白浜さんのさがびよりを多くの人に届けたいです。

<炊き方のススメ>
このお米は、「弾力を食べるための炊飯」をオススメします。僕らの土鍋、萬古焼「大黒ごはん鍋」だと、水は9割で炊くのが、一番白浜さんのさがびよりのポテンシャルである弾力を出してくれます。一般的炊飯道具も9割からスタートしてご自身の水加減を見つけられたらと思います。銅鍋や鉄鍋だともっとハリがでるかもしれません。

【保存方法】
お米は野菜同様、生鮮食料品です。
玄米・精米ともに高温多湿を避けて保管して下さい。
春先からは、密封できる容器や袋に移し替えて、
冷蔵庫の野菜室で保管されると防虫対策にもなります。

なお季節に関わらず、
精米したお米は酸化が進むので、
1か月程度を目安にお召し上がりください。

追加情報

重さ 5 kg
数量

白米さがびより3合, 白米さがびより2kg, 白米さがびより5kg